プロ教師による完全個別指導塾・家庭教師のKATEKYO

TOPICS from KATEKYO

4.9

先日、高校3年生の生徒に英検対策をしていた時のことです。

 

生徒「先生、私最終的な評定平均、4.9でした」

教師「4.9?」

生徒「4.9!」

教師「4.9…凄すぎるでしょ…」

生徒「私もびっくりしました」

教師「私もびっくりしました」

 

高校1年生から通塾してくれている生徒さんで、すでに指定校推薦での進学が決まっています。

中学生の時はあまり勉強が得意ではない、というか嫌いだったそうです。

「勉強が大好きです!」という生徒にはあまり会ったことありませんが…

KATEKYOに通い始めてくれた理由も「周りについていけるか心配」というものでした。

 

私は彼女に3つの約束をしました。

①学校の授業を大切にすること

②私たちの出す学習指示に必ず従うこと

③お金を出してくれる人への感謝を忘れないこと

 

できないときもありましたが、自分なりに一生懸命頑張ってくれました。

その結果が「評定平均4.9」です。

 

頑張ればどんな生徒でも成績は上がります!

ということを伝えたくて、この記事を書いているわけではありません。

 

この「評定平均4.9」というフレーズを目にしたとき、「すごい!」と思ったあとに、どんな言葉が頭をよぎりましたか?

 

「5じゃなかった科目って何?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ここまでこの長文に目を通していただいている保護者の皆様、「5じゃなかった科目」について言及するのではなく、「5だった科目」を大いに褒めてあげてください。

 

人間は、どうしても悪いことに目がいきがちです。

毎日靴をしっかりそろえていることに対して、毎日褒めることはありませんが、そろっていない日には注意する、みたいな感じです。

日常の中で「注意喚起」は絶対に必要です。

ただ、その注意を上回る回数褒めてあげてほしいのです。

 

お子様が家で勉強していたら、褒めてあげてください。

事務局で自習をしたならば、送迎の時に褒めてあげてください。

 

何かしら良い変化が起こると思います。

 

「TOPICS from KATEKYO」一覧へ戻る

ページのトップへ