プロ教師による完全個別指導塾・家庭教師のKATEKYO

TOPICS from KATEKYO

  • TOP
  • TOPICS
  • 4月から中学1~3年生になる方に見てもらいたい北海道公立高校入試分析~英語その2~

4月から中学1~3年生になる方に見てもらいたい北海道公立高校入試分析~英語その2~

KATEKYO学院苫小牧駅前校です。

 

先日に引き続き、英語の分析をしてみたいと思います。

 

□3 標準・裁量

■A(185語くらい)

問1 各2点

昨年までの穴埋め3題が消え、内容把握が新たに追加されました。

内容把握は、長文で必ず出題されるパターンなので、慣れている方も多いと思いますが、ここで出題されたことに動揺したかもしれないです。

問2 4点

疑問詞疑問文に対する答えを書く、というのは例年通り。

ですが、「答える内容が2つある」+「あなたはどのように答えますか」だったので、難しいと感じた方も多いかもしれないですね。

ちなみに、「あなたはどのように答えますか」は、毎年□3■Bで出題されており、■Aではあまり見たことがないです。

 

教科書に出てこない単語があったのが驚き(直接設問には関係ないですが)。

 

■B(案内的なものから読み取り)

問1 各2点

内容把握でした。例年通りです。

問2 2点

例年通り「あなたはどのように答えますか」でしたが、What else~?が出題されるとは、完全に予想外でした…

そしてこの問題は2点なんですね…

この■Bは、「いらない情報には目を向けない」ことが、スムーズに解くためのカギとなります。

案内を見てから設問に取り組むのではなく、設問を見てから案内を見る、という順番で解くのがおすすめ。

 

さて、ここまでで気になるのは、やはり「疑問文に対する答えを書く問題の多さ」です。

4題出題されて14点分です。

教科書の各セクション後半に、2題ずつ疑問文が記載されているので、大切に丁寧に取り組んでいきましょう。

 

 

「TOPICS from KATEKYO」一覧へ戻る

ページのトップへ