プロ教師による完全個別指導塾・家庭教師のKATEKYO

TOPICS from KATEKYO

卒塾生、来局。

先日、卒塾生が久しぶりに顔を出してくれました。

 

現在、社会人として立派すぎるほど立派に頑張っている彼女に、インタビューを敢行しました。

 

私「いやーほんとに立派になったわ…」

卒塾生「ありがとうございます笑」

私「まず、いつくらいから看護師になる、って思い始めたの?」

卒塾生「高校入ってからですかね…ただ、親戚のお見舞いに行った時とかに、看護師さんの様子を見て、あこがれていたのは結構前からです。周りにも結構医療系の仕事をしている人がいたので、身近に感じることは多かったかもしれないです」

私「なるほど」

卒塾生「あとは、母の存在です。困っている人をほっとけない人で、この人すごいな、って何回思ったかわからないです」

私「お母さんすごいな…」

卒塾生「ホントに凄い人です」

 

私「中学生からKATEKYOに通い始めたきっかけは?」

卒塾生「集団の塾だと、ついていけなくなったらどうしよう、って困る気がしたので、完全に1対1で教えてくれるKATEKYOにしました!」

私「模範解答ありがとうございます」

卒塾生「笑」

私「そういえば、ダンスもやってたよね。苫小牧で全国会議やったとき、発表してもらったの懐かしいわ」

卒塾生「今も続けてますよ!」

私「今も?」

卒塾生「はい!」

私「どんだけ体力あるんだよ…」

卒塾生「ダンスは少し離れた時期があるだけで、ずっと続けてます!高校生は、バイト・勉強・ダンスの毎日でした」

私「そして無事高校を卒業して、専門学校に行ったと」

卒塾生「はい。専門学校は、とにかく大変でした…」

私「その話、結構いろんな人からよく聞くわ」

卒塾生「でも、今やっていることが、将来に直接つながることだって思えたので、頑張れました!」

 

私「そして今、しっかり社会人として頑張っているわけですね。実際働いてみてどう?」

卒塾生「圧倒的に責任が増えますけど、やりがいも圧倒的です。人とかかわることが本当に好きなので、私に向いていると思います!」

私「向いてるんだろうね。仕事で疲れてます、っていう雰囲気一切出してないしな」

卒塾生「笑」

 

それでは最後に、今頑張っている受験生に、メッセージをお願いします!

 

「強い目標があったら、他の人から無理だって言われても、きっと頑張れます。コツコツ頑張ることが一番大切です!頑張ってください!」

 

 

ありがとうございました!

更なる飛躍を期待しています!

「TOPICS from KATEKYO」一覧へ戻る

ページのトップへ